アドセンス

生き方

好きなことの見つけ方4ステップ!【生き方は、今から変えられる】

「自分の好きなことが何なのかわからない…」

「好きなことはあるけど、仕事になるかわからない…続けていけば、生活できるようになるのかな…?」

 

こんな悩みや疑問にお答えします。

 

好きなことは、考え方さえわかってしまえば、誰にでも見つけられます(必ずです!)。また、好きなことを続ければ、必ず幸せで豊かな人生を送れます(うさんくさいですが、これも本当!)。

 

記事では、好きなことの見つけ方はもちろん、好きなことで生きていく方法について解説していきます。

この記事を読めば、これまでモヤモヤしていたのがウソのように、毎日を納得して生きれるようになりますよ

 

好きなことには、実は、2つの意味がある!

実は、好きなことには、「好きなこと」と「好きな事」の2つの意味があります。

あなた自身の好きなことを見つけるためには、欠かせない考え方です。

 

そもそも「好きなこと」はヒカキンさんの動画から始まった

好きなことで生きていく。

今では一般的になったこのフレーズは、2014年10月に投稿されたヒカキンさんの動画がもとになっています(Googleのプロモーションではありますが)。

 

 

「好きなことを仕事に」、「やりたいことだけやればいい」など、似たようなフレーズはありますが、「好きなことで生きていく」の派生です。

動画では、ヒカキンさんがYouTubeを始めたきっかけ、YouTuberとしての仕事の楽しさなどが簡単にまとめられています。

 

2017年には、ホリエモンの「好きなことだけで生きていく」という本も出ています。

また、最近では、YouTube、Twitterで他のインフルエンサーが同様の発信をするのを見るようになりました。

 

https://twitter.com/akagami_syatyo/status/1239386853502935040

 

純粋に、生き方としてかっこいいですよね。

少なくとも、わたしはそう思います。

 

ただし、同時に疑問も湧いてきます。

上のお二人、少し、「好きなこと」の捉え方が違うぞと。

 

エンリケさん:叩かれても好きなことをやった方が人生後悔しない

赤髪社長さん:好きなこと(発信とか集客の手伝いとか講演会)を仕事に出来た

 

エンリケさんは「好きなこと」を生き方と捉えているのに対し、赤髪社長さんは「好きなこと」を仕事(行動)として捉えているということです。

 

好きなことは「生き方」、好きな事は「仕事や趣味」のこと!

「好きなこと」は、好きなことを「生き方」、好きな事は「仕事や趣味」だと考えればすっきりします。

 

※この場合、赤髪社長さんの好きなことは、「好きな事」として使っていることになります。

 

結論、このようなイメージです。

 

好きなことのイメージ1

 

ひとつひとつの仕事や趣味が好きな事(もちろんイヤな事も)、そして、それを合計したものが好きなこと(=ライフスタイル)になるという考え方です。

 

ヒカキンさんは、YouTuberとして独立するまでは、スーパーの店員をしつつ、仕事の後、社員寮で生活しながら数年間、動画をあげ続けていました。

もっといいところに住みたい、もっとお金がほしいというよりも、「ボイパや発信活動」が好きな事だった。そして、生活は多少貧しくてもそれを続けられる「生き方」が、好きなことだったということですね。

 

好きなことを続ければ、必ず幸せになれる!でも、好きな事だけでは…

好きなことのイメージ

 

好きなことを「生き方」、好きな事を「仕事や趣味」だとすれば、続けた結果は以下の通りでしょう。

 

  • 好きなこと(好きな生き方)を続けていけば、必ず幸せになる
  • 好きな事(好きな仕事や趣味)だけ続けても、幸せになれるかどうかわからない

 

上記は当然ですね。

 

少し長くなりますが、書籍「ライフシフト」でも好きなことを、「好きな生き方」という意味で使っています。

 

長寿という贈り物を手にする世代は、もっと選択肢が多く、もっと多様な人生を送ることができ、もっと多くの選択をする必要がある。

そのため、正しい道を選び取るために時間を費やすことの重要性が高まる。

未来を見据えて、自分の監視と情熱に沿った教育を受けること。

自分の価値観に適合し、やりがいを感じられ、自分のスキルと関心を反映していて、しかも袋小路にはまり込まないような仕事を見つけること。

自分の価値観を尊重してくれ、スキルと知識を伸ばせる環境がある就職先を探すこと。

長く一緒に過ごせて相性のいいパートナーを見つけること。

一緒に仕事ができて、自分のスキル及び働き方との相性がよく、できれば自分を補完してくれるビジネスパートナーと出会うこと。

具体的にはこうした事が必要になる。

(出典:ライフシフト)

 

「好きなことをやれ!そうすれば必ずうまくいく」という話があります。

これには賛否両論ありますが、それは、「好きなこと」の定義が人によって違うからです。

 

好きな事(好きな趣味や仕事)を見つけるのは大切ですが、もっと大切なのは好きなこと(好きな生き方)を見つけることだったりします。

 

以下、好きなことを考えつつ、好きな事も見つける方法を紹介していきます。

 

好きなことの見つけ方、4ステップ!

見つけ方4ステップのイメージ

 

「好きなこと」を考えるとき、モヤモヤを残さないためには、就活などで行う方も多い「自己分析」がおすすめです。

 

  1. 高校、大学、社会人時代の「うれしかったできごと」を、すべて書き出す
  2. 「うれしかったできごと」の状況を分析する
  3. 「うれしかったできごと」の共通点を拾い上げる
  4. 以上のことを、現状に当てはめる

 

高校、大学、社会人時代の「うれしかったできごと」を、すべて書き出す

ここからは、わたしの場合を例にしていきます。

以下、高校、大学、社会人時代の「うれしかったこと」1つずつです。

 

  • 高校:合唱コンクールでクラスの優勝に貢献した
  • 大学:ホッケー部の主将としてチームを勝利に導いた
  • 社会人:副業で、コラムの仕事をいただき、おもしろいと評価を受けた

※本来は記憶の限り、すべて書き出します。

 

思い出せなければ、アルバムなどを見ながら進めると、記憶が出てきやすくなりますよ。

 

「うれしかったできごと」の状況を分析する

「うれしかったできごと」の状況を分析していきます。

以下のようになります。

 

  • 高校:合唱コンクールでクラスの優勝に貢献した
    →成長が感じられた、合唱を通して自己表現できた、チームに貢献した
  • 大学:ホッケー部の主将としてチームの勝利に導いた
    →チームを引っ張った、成長が感じられた、自己表現できた
  • 社会人:副業で、コラムの仕事をいただき、おもしろいと評価を受けた
    →成長が感じられた、自己表現できた、書くことが得意だと気づいた

 

当時の状況を思い浮かべて分析し、「うれしいと感じた理由」を明らかにします。

さらに具体的に分析するなら、5W1Hにするのがいいですよ。

 

「うれしかったできごと」の共通点を拾い上げる

「うれしかったできごと」を分析した結果を見て、共通点を拾い上げます。

 

  • 高校:合唱コンクールでクラスの優勝に貢献した
    成長が感じられた、合唱を通して自己表現できたチームに貢献した
  • 大学:ホッケー部の主将としてチームの勝利に導いた
    チームを引っ張った、成長が感じられた自己表現できた
  • 社会人:副業で、コラムの仕事をいただき、おもしろいと評価を受けた
    成長が感じられた自己表現できた書くことが得意だと気づいた

 

赤がうれしいと感じる瞬間、青がそのための手段という色分けです。

わたしの特性として、以下のようなことが見えてきます。

 

  • 成長を感じたとき、自己表現したときに喜びを感じる
  • それをチームで成し遂げたい、書くことで実現したい

 

自分のことなので、自己分析しなくてもぼんやりとはわかっていることです。

しかし、自己分析をすると、自分でも気づかなかった特性が見えてきます

 

以上のことを、現状に当てはめる

ここまで来れば、あとは分析結果を現状に当てはめるだけです。

 

以下のようになります。

 

チームで協力しながら「書くこと」で自己表現をしたい。その際、成長を感じていきたい。

 

少し長かったですが、上記が、「好きなこと(好きな生き方)の要素」のひとつであり、好きな事になります。

ここまでで、好きな生き方は以下のように分解できました。

 

好きなことのイメージ2

 

ここまでの例では、「うれしかったできごと」を1つしか挙げていませんが、本当はすべて書き出します

すると、わたしの場合、以下のような生き方を求めていることがわかってきます。

 

  • 異動したくない
  • 自分で働く時間を決めたい
  • 家族との時間をきちんと取りたい
  • お金に困りたくはない

 

上記が、わたしの好きな事であり、この合計が好きなことになります。

 

これを実現するため、わたしは副業に注力して独立しました。

また、その後も収入を一定以上に保つために妻が保育士として働くという家庭の在り方にしています(夫婦共々、大満足できています)。

 

もちろん、やりたい事は仕事がなくてもいいですよ。

ただ、わたしにとっては仕事が大きな存在だったので、このような分析結果になりました。

 

好きなこと、好きな事は人それぞれでいいと思います。

 

好きなことの見つけ方、3つのポイント!

見つけ方の3つのポイントのイメージ

 

結論、好きなことを続ければ、必ず幸せになれます(ここまで書いた通りです)。

ただし、その幸福度を高めるためには、以下の3つのポイントを意識するといいですよ。

 

  • やってみないとわからない(知っている世界はまだまだ狭い)
  • 飽きたらやめていい
  • イヤなことを取り除く

 

やってみないとわからない(知っている世界はまだまだ狭い)

やってみないとわからないイメージ

 

ここまで紹介してきた「好きなことの見つけ方4つのステップ」を実践すれば、必ず好きなこと、好きな事が見つかります。

しかしそれでは、あなたの経験、知っていることの範囲でしか見つけることはできません

 

実際わたしは、ライターという仕事を知ったのは独立する1年前でした。

それまでに、以下のようなステップを踏みました。

 

  1. 転職をきっかけにブログを始める
  2. 何となくTwitterを始める
  3. ブログの記事がTwitterで何度かバズる
  4. 企業からコラムの仕事をいただく
  5. ライターという仕事を知る

 

そして、副業としてコラムを受注し続け、クラウドソーシングでも仕事をし始めたというのが独立するきっかけになりました。

 

「とにかく行動」とよく言われますが、こればっかりは、本当です

どこにチャンスがあるかなんて、わかりません。

 

最初はジャンルを絞るよりも、興味の向いた方に動いて、探すように手を出してみればいいと思います。

繰り返しになりますが、経験のあること、知っていることの中にしか好きな事も、好きなことも見つけられないのですから。

 

飽きたらやめていい

飽きたらやめていいのイメージ

 

「やめてはいけない」って、誰が決めたのでしょうか?

これまで30年ちょっと生きてきて、やめてはいけない、続けなければならないと考えている方が多いように思います(20代、転職する前のわたしがまさにそうでした…)。

 

  • 転職してすぐ転職だってw
  • ブログ、1年もたずにやめたらしいw
  • あいつ、フリーになったくせに会社員に戻ったらしいよw

 

以上のような声、聞いたことがあると思いますが、無視して大丈夫です。

飽きたらどんどんやめていいと思います。

 

好きなこと、好きな事は飽きませんから。

 

仕事のことになると、なかなか辞めづらい状況もあると思います。

だからこそ、そういうときは、本気で副業を始めてみたり、趣味に入れ込んでみたりすればいいのではないでしょうか。

 

ただし、知っておいていただきたいのは、好きな事がうまくいかなくても好きなこと(生き方)を立てていれば、いつだってうまくいくということです。

仕事や趣味がすべてではありません

仕事第一だった人も、結婚したら家庭第一になるかもしれません。

 

人生は、まだまだ長く、考え方次第でうまくいくと決まっています

 

イヤな事を取り除く

好きなこと、というのは、好きな事とイヤな事の差です。

好きな事が多く、イヤな事が小さくて少ないほど、好きなことは大きくなります。

 

以下の図からもわかると思います。

 

好きなことのイメージ

 

イヤな事は、徹底して取り除きましょう。

 

  • 給料が少ない→給料の高い業界に転職、空いた時間アルバイト
  • 満員電車がイヤ→在宅の仕事、会社の近くに引っ越す、通勤時間をずらす
  • 独りが寂しい→結婚する、彼氏・彼女を見つける、ペットを飼う

 

「イヤな事を取り除いていったら生きていけないだろ!」

こんなことを言うのはやめてください。

好きなこと、好きな事にもイヤな事が含まれていることがあるからです(これは当然ですよね)。

 

ただし、周りを見れば、実はやめてもいい、そして、工夫次第でやめられるはずのイヤな事がたくさんあるのも事実です。

 

  • 満員電車の通勤
  • 断れなかった飲み会
  • 付き合いだけの人間関係
  • いつもと同じメンバーとのランチ
  • 雑務のための土日出勤

 

挙げればきりがありません。

 

上記の事項は、わたしがやめてみたことで、まったく問題なかったことです。

もちろん好きな人とは食事しますし、ホントに必要な資料は時間をかけて作ります。

 

ただ、やめてもいいイヤな事を気づかないうちにたくさんやっているかも、ということです。

イヤな事はどんどん捨てていきましょう

 

まとめ

長い人生を楽しく、豊かにするには、好きなことの見つけ方が重要です。

以下4ステップで見つかります。

 

  1. 高校、大学、社会人時代の「うれしかったできごと」を、すべて書き出す
  2. 「うれしかったできごと」の状況を分析する
  3. 「うれしかったできごと」の共通点を拾い上げる
  4. 以上のことを、現状に当てはめる

 

この際、さらに以下の3つのポイントを意識すれば、好きなことでの幸福度が上がります。

 

  • やってみないとわからない(知っている世界はまだまだ狭い)
  • 飽きたらやめていい
  • イヤなことを取り除く

 

「好きなことで生きていく」と聞くとモヤモヤする方が多いと思います。また、好きなこと、好きな事がどうしても見つからず、焦ったり不安になったりする方もいるでしょう。

 

そういう方は、ゆっくりで大丈夫です。

 

わたしも、33歳でフリーランスのライターになりました。

しかも、これが本当に最高の好きなことかどうかなんて確信はありません。

 

この記事を参考にしつつ、好きな事を1つ増やしてみる、イヤな事を1つ減らしてみるというのでいいと思います。

 

きっとこうして、最高の好きなことが見つかっていくし、楽しいなと思いながら、さらに楽しいことを探していくのが人生なのかなと思っています。

人生は、まだまだおもしろいことで溢れています。

 

 

アドセンス

めんおう

専業でライターをしています。 大学卒業後、防衛省→民間→独立(ライター)。東京郊外にて、家族単位で柔軟性の高い働き方をしています。「人生のハードルを下げつつ、ちょっといい暮らしをするための方法」について発信します。

-生き方

Copyright© めんおうCOM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.